めがね 一口知識

眼鏡の種類

遠用眼鏡:いわゆるメガネです。遠くを見るときに使います。
近用眼鏡:いわゆる老眼鏡です。読書用眼鏡とも言われます。
・老眼は45歳頃から始まります。
・40代以上で疲れ目の方はご相談ください。

遠近両用眼鏡:遠く用と、近く用を合わせたメガネです。境い目がありレンズの下部が老眼鏡です。(現在は境い目のある眼鏡は余り見かけません)
累進多焦点眼鏡:遠近両用眼鏡でさらに途中の距離(中間距離)にもピントが合うようにしたメガネです。
遠近の境目はありませんので最初はピントを合わすのに戸惑う方も多いです。
近近用眼鏡:中近ともいいます。パソコンと本(あるいは楽器と楽譜など)を交互に見る時などに使用します。
パソコンやスマホをよく利用される方は老眼でなくても疲れ目対策として利用を考えて下さい。

眼鏡の処方は眼科医が行います。
眼鏡作成の場合は必ず眼科医が発行したメガネの処方箋をお持ち下さい
処方箋があればどの眼鏡店でも眼鏡作成可能です。メガネやコンタクトレンズの適応を決定するのには医学的な判断で行なわれます。
「見づらいので、ちょっとメガネでも」と気楽に考えてはいけません。

メガネやコンタクトレンズの処方決定は医師にのみ許された医療行為
あなたの目が病的な状態であるかどうかは眼科医師でなければ判断できません。医師の診断無しのめがね処方は極力控えましょう。
処方には視力検査のデ-タとこれまでの知識と経験に基づき眼科医師がその方の年齢や職業等も考慮し両目のバランスを考えながら決定します。:ご自分でメガネ店で検眼しメガネを作製する場合は自己責任であることをご承知下さい。
またメガネ店の店員さんに、ご自身や家族の目の状態の説明を求めないようにお願い致します。
メガネ店の店員さんはあなたの目の病気についての啓蒙及び保健指導は出来ません。(以上大田区眼科医会より改変させて頂きました)  

以下は特殊眼鏡


遮光眼鏡:網膜色素変性症の方やロービジョンの方の羞明(眩しさ)を防ぐために用います。
身体障害者または難病指定を受ければ補助が出る場合があります。
サングラスは光線を全体的に暗くしますが、遮光眼鏡は、眩しさの原因となっている短い波長(400~500nm)の光線を取り除く事により眩しさを抑え、580nm前後の波長の光線は良く通してコントラストを上げてくっきり見えるようにします。

遮光眼鏡は、サングラスよりも明るく、くっきり見えます。様々な色の遮光眼鏡があります。自分にもっとも適した色を選びましょう。
サングラス:眩しさを防ぐ目的で使用します。スポーツなどに用います。ファッションでも用います。なお夜間運転時に使用できないものもあります。ご注意ください。
偏光眼鏡:最も分かりやすい利用法は釣りに便利ということです。水面からの光の反射を弱め、水中からの光線を見やすくします。 他に立体映像を見るための道具として用いる事もあります。一般眼鏡では透明で,立体視眼鏡ではややグレーのものが主流です。立体映像で使用する偏光眼鏡は右眼,左眼の偏光角度を90度位相をずらしたものです。白内障で眩しさが気になる方にもお勧めです。

斜視用眼鏡:斜視の方の為にプリズムレンズが挿入されています。眼位の補正に利用します弱視用眼鏡:子供の弱視用の眼鏡です。9歳未満に補助が出る場合があります。 オクルーダー:片眼の視力が悪く、両眼視が辛い方のための眼鏡です。片眼遮蔽のような状態になりますが見かけ上は分かりません
クラッチ眼鏡:眼瞼下垂があるが手術を希望されない方に処方します。

その他:
・ブルーライトカット眼鏡;PC、スマホ作業用
・花粉対策眼鏡;花粉予防のための隙間の少ない眼鏡
・ドライアイ用メガネ:乾燥を防ぐ眼鏡
・疲れ目用眼鏡;遠近とも楽に見ることのできる眼鏡(30代~40代)
・調光レンズ;明るさによりレンズの色(濃度)が変わる
・近視進行抑制メガネ:子供用の眼鏡です。近視になり易い調節ラグを少なくするメガネです。近視進行の抑制に有効といわれています。
 一般眼鏡店では取り扱いはありません。当クリニックにて処方しています。